看護師のキャリアアップについて

長年看護師として働いていると、自分の中での看護に対する考えなども固定してきて、「このままでいいのだろうか」と思い悩む人も多いようです。
人生を見つめなおして、まったく違うことをして見たいと考える人もいるでしょう。
何しろ、過酷な労働で心身ともに疲れる仕事ですから、不調を訴える人も少なくありません。
女性の場合は、そういった中にも出産や育児などといった人生のイベントで、どうしても仕事から離れなくてはいけない時期があります。
そういった離職を気に、まったく別な分野の仕事にチャレンジする人も多いようです。
しかし、不思議なことに、看護師と介護福祉士は意外と復職率も高い仕事なのです。
過酷で心身ともにつらいなら戻らなくてもいいのではと思う方もいるでしょう。
しかし、自分が担当した患者さんが「ありがとう」といって元気になっていく姿を見るのは、看護師の何よりの宝物です。
こういった看護師ならではのやりがいに魅了されて、一旦看護師から離れても復職する人が多いのです。
そのまま看護師の仕事を続けていこうと考えるなら、キャリアアップを目指す方法もあります。
看護師のキャリアアップには、認定看護師や専門看護師といった、通常の看護師よりもさらに専門的な知識や技術を要求される仕事です。
認定看護師や専門看護師の資格を取るためには、看護師としての実務経験5年以上を必要とします。
看護師として資格を取り、実務を5年経験してキャリアアップを計る。
そのときには女性として最も魅力的な時期を迎えます。
ただがむしゃらに突っ走っていくのではなく、自分の人生と平行しながら考えていく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です